HU's Life?! 〜世界を歩こう、自分を生きよう〜

一度きりの人生「自分はなにがしたい?どんな人間になりたい?」。答えは心の中にすべてある。2013年より世界一周無期限の旅へ、ただ前だけを向いて歩いていく。その軌跡をしっかりと残すために・・・。

世界一周・地球一周・日本一周後の世界一周vol.2で訪れる旅先リスト

世界一周・地球一周・日本一周後の世界一周vol.2で訪れる旅先リスト

・アラスカ
・アメリカ(テキサス州)

*備忘録として
これから辿っていく旅ルートでいろんなことを考慮して見送らざるを得なかった、本当は行きたい場所を残しておく。

↓クリックで”いいね!!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

11月14日 アメリカ旅のスタートはシカゴ。想像もできていなかった夢が実現、”バスケの神様”がそこにいた。

Nov 14。

深夜1時にトロントを出発。バスでアメリカとの国境へ、質問内容が他の人よりはるかに多く時間がかかってしまったが、あらかじめ今後のすべてのスケジュールを予約しており、グアテマラへ抜けるフライトも証明できたので、思ったより良い雰囲気でイミグレを通過。よしよし、良い感じのスタート。デトロイトで1時間半のトランスファー。すでにアメリカを感じる。バスディーポにアジア人ゼロ。明らかにカナダの人たちとは違う空気感がある。そこから一気にシカゴまで。合計で13時間のバス移動、シカゴに到着。ようやくアメリカが始まる。

天気は曇り、それからたくさん寝たもののやっぱり身体はだるく重く感じるので、予定を変更して今日はユナイテッドセンターへ。片道1時間。あー、来てしまった。小学校2年生でバスケットボールに出会って、そのバスケに対する愛情をどんどん育んでくれた”バスケの神様”に会うことができた。夢のよう。というか、夢なのかもしれない。まさか自分がマイケル・ジョーダンのこの銅像を実際に見ることができる日が来るなんて、今の今まで想像もしていなかった。本人ではない。でもそんなこと関係ない。人目を憚らず、流れてくる涙を抑えようとも思わなかった。こんなにも嬉しいなんて。

これだけでシカゴへ来た甲斐があり、もうすでに200点満点になった。シカゴ、イメージのなかったこの街は、とても大きく、タバコの匂いとたくさんの人が行き交い、とてもダイナミックで臨場感のある街だ。久しぶりにこんなにも人の活気を感じた。明日は午前中は雨予報、午後には晴れるだろう。たくさん歩こう。この旅の仕方がたまらなく自分に合っている。あさっての午前まで、たくさんシカゴを歩こう。

DSC02767.jpg
ユナイテッドセンター到着。

DSC02738.jpg
あーもう感動でしかない。

DSC02743.jpg
正面も。

DSC02745.jpg
後ろ姿も。

DSC02747.jpg
シカゴ。

DSC02753_201711151057085fa.jpg
正直ジョーダンのユニ買いかけた。

DSC02757.jpg
もう一度。

DSC02773_20171115105713430.jpg
夜景1。

DSC02777.jpg
その2。

DSC02784_20171115105716c7f.jpg
有名どころ。

DSC02785.jpg
駅階段から。

DSC02792.jpg
エアジョーダンのショップ。

DSC02793_20171115105720e2b.jpg
バッパー。

明日も散策、散策。
↓クリックで”いいね!!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

カナダワーホリ12ヶ月収支まとめ(2016年11月〜2017年11月)

カナダワーホリ12ヶ月収支まとめ(2016年11月〜2017年11月)

2016年11月〜2017年11月までのカナダワーホリ生活での収支をまとめてみた。1ヶ月に及ぶアメリカ旅とグアテマラへのフライト料も含んでいるのでかなりの誤差あり。まぁ全部が全部きっちりした金額で算出できているわけじゃないので、あくまで記録・参考までに。

支出
・アコモデーション代 $7,981
(アメリカ旅1ヶ月分含む)

・食費 $1,706
(外食費も含む)

・交通費 $3,125
(移動に関するもの・アメリカ旅1ヶ月分をすべて含む)

・携帯代 $581

・娯楽費 $1,842
(ツアー参加費など)

・その他 $1,446
(生活に必要なものにかかった出費)


合計 $16,681


収入
・給料 $25,888
(TAXリターンも含む)



合計 $25,888

It means...トータル=プラス$9,207

え・・・まじ・・・。めちゃくちゃプラスでええやないかい。ここにおそらく今年分のタックスリターンが来年ある予定なので、おそらくプラス$10,000になる計算。ここにはイエローナイフ、シアトル・ポートランド、それからバンフ・トロント、さらにはアメリカ1ヶ月周遊のほとんどの旅費も含んでる計算。オーストラリアとニュージーランドとは全然違って、やったった感しか出ないな。ほんまかな、やりたいこと全部やってこれ、めっちゃええやん!

↓↓↓
↓クリックで”いいね!!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

11月13日 カナダ滞在最終日、大切な旅仲間であるヤマちゃんとナイアガラの滝へ。最高の締め括り、そして始まる。

Nov 13。

カナダ滞在最終日、ごっつい最良の締め括りの1日になった。大学のバスケ部後輩であるヤマちゃんと約2年半ぶりの再会。前回は偶然にもオーストラリアはブリスベンのバッパーで再会し、一緒に最果ての僻地でのファーム生活を少し共にした。今回も特別な予定をしたわけではなく、僕が最終地に選んだトロントで、彼はカナダでの滞在をスタートしていたことがきっかけで、会うことになった。いつも彼の新しい国の始まりは、僕のその国の終わりという偶然の中の必然。とても良い日だ。

彼と話すのは面白い。聞き上手である山ちゃんは、自分の意見と同意かそうではないか関係なく、きっちりと話を聞いてくれて、うまくレールに乗って話を進めてくれる。そして会話の切り返しがものすごくうまい。今日もお互いにたくさん話した。今までのこと、これからのこと、それから大好きなNBAの話。前回もそうだったな、たくさんの経験を共有できる仲間。そんな彼と過ごせるカナダ最後に選んだ場所は、ナイアガラの滝。天気が曇りなのはまぁそんなもんかってな感じで、最後に申し分のない圧倒的なスケール感。雲を作り出す天文学的とすら言える水しぶきと怒号。何度見ても何度写真を撮ってもワクワクするようなポイントだった。

カナダが終わる。明日の早朝にはアメリカへのボーダーを抜けて、お昼過ぎには次の目的地であるシカゴに到着する。またもう少し経ってそんな気分になったら、カナダを振り返ることにしよう。いつも通り、その感情をまとめてここにも残しておきたい。それでも今は、これから始まる旅に対しての心踊る感情を抑えきれない。終わりはじまり。そう、スタートラインに立っているのだ。素敵な仲間と素敵な場所で素敵なエンディング。これ以上ない締め括り。さぁ、いこうか。

DSC02658.jpg
見えてきたー。

DSC02660_201711141151038ab.jpg
でかい。

DSC02662.jpg
マジで。

DSC02667.jpg
ヤマちゃん × ナイアガラのコラボ。

DSC02685.jpg
タウン散策へ。

DSC02689_20171114115108662.jpg
賑わってて安心ってやつ。

DSC02691.jpg
テーマパークみたいなタウン。

DSC02697.jpg
もう一度ナイアガラの滝へ。

DSC02699.jpg
スケール伝わらんな。

DSC02706.jpg
めちゃくそでかいんやで。

DSC02717_20171114115136a43.jpg
水しぶきすごいんやで。

DSC02723_20171114115138d2e.jpg
ふたつ滝あんねんで。

DSC02725.jpg
テーブルロック、写真スポット。

DSC02731.jpg
横向きで撮ってほしかったぜ、おばさん。

23619038_1550640681696605_1402459532_n.jpg
ありがとうな、ヤマちゃん。

カナダ、ありがとうございました!
↓クリックで”いいね!!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

11月12日 トロントにて、大好きでたまらない映画「The Vow ”邦題 : 君への誓い”」のロケーションへ。

Nov 12。

少し疲れてるのかな。いつものように、朝バッと起きて”さぁ出かけよう”的なシャキシャキ感が湧かない。昨日のうちにほとんどトロントの見たいところ歩いてしまって、今日はどうしようか決めていなかったことも原因か。今日は午前中、とある偶然から知り合ったしずかさんと会う予定で、それでケンジントンマーケットをあたりを散策しながら合流。オーストラリアにワーホリで滞在していたこと、放浪癖など、面白い部分がたくさんあって結局1日中観光を共にした。トロント大学周辺、それからリトルイタリアとリトルポルトガルと呼ばれるエリアを回る。

そして、最後にトロント観光のハイライトであるカフェへたどり着く。日曜定休日というのが、逆に写真を撮るにはありがたかったかもしれないとか思いながら。感動に浸る。人生でもベスト3に入る映画「The Vow ”邦題 : 君への誓い”」のワンシーンで使われているカフェへ。すげー感慨深いものを感じた。アバターの世界が本当に実在するなら見てみたいのと同じくらい。シカゴを訪れる大きな目的のひとつも、この映画のロケーションとして使われているところがある。大好きな映画の大好きなワンシーンの撮影場所。感動。トロント、これだけでも十分の満足度。歩いた甲斐あり。

今日も眠いのに寝れない夜。バッパーでの部屋の形、それからベッドの置き方、照明の場所、ドアの位置などが影響していそう。まぁそんな夜は幾度となく経験してきているので、今更どうこう狼狽えることなんてない。ゆっくりと。

DSC02604.jpg
ケンジントンマーケット地区。

DSC02607.jpg
サイン。

DSC02612.jpg
リトルイタリア周辺。

DSC02613.jpg
ここを超えると、

DSC02617.jpg
だーん、ムービーロケーションのカフェ!

DSC02619.jpg
テンション最高潮。

DSC02626.jpg
はしゃぎまくってしまった。

DSC02628_20171114112055592.jpg
ダウンタウンの夜。

DSC02641.jpg
大都会。

DSC02649.jpg
TORONTO。

DSC02656.jpg
こんな雰囲気でした。

明日はカナダ最終日。
↓クリックで”いいね!!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ