HU's Life?! 〜世界を歩こう、自分を生きよう〜

一度きりの人生「自分はなにがしたい?どんな人間になりたい?」。答えは心の中にすべてある。2013年より世界一周無期限の旅へ、ただ前だけを向いて歩いていく。その軌跡をしっかりと残すために・・・。

5月27日 そんなに英単語が嫌いですか。お店を夫婦で経営する難しさ、家庭と仕事のバランス、のイメージ。

May 27。

単語始めたら3分で眠気がやってきてギブアップ。そんなに嫌いか。相変わらず昼間には職場のカフェでパンをかじっている。が、晩飯を米に変えたからなのか、身体がカルガリーとかライフスタイルに馴染んだのか、前ほどのダルさはなくなってきた。それでも身体の節々は固まっている感があるし、ストレッチとか伸びとか、できる範囲でリラックスさせるようにする。仕事中の精神状態がえぐいからかな。

家族経営の難しさみたいなものを目の当たりにする。オーナーシェフは旦那さん、結構な頻度で夕方にふたりが言い争っている。やれ、作り方が違う、やれ、在庫がどうのこうの、なんでこれはこうなっているんだ・・・とか。おそらく海外的にいう意見の言い合いなのだろうが、ジャパンマインドの僕から見たら完全にそろそろ家族崩壊くらいの口喧嘩。そこにいつも巻き込まれる僕、誰かそばにいて。

どうなんやろうな、まだまだ自分が結婚したり、夫婦になる、家庭を持つイメージすら湧かないからなんとも言えないけれど。例えば、会社勤めしていて、家に会社で溜まってしまったストレスをぶち撒けるのも違う。切り替えるスイッチを持つべき。でも、奥さんだからこそ、つい気持ちが緩まって当たってしまうっていうのも理にかなっている、気がする。全然イメージしかないけど。自分はどうなるだろう、少なくともストレスすらいい解釈にできるようになってきている。もっとこの部分が成長すれば、そんな心配すらないのだな。

IMG_8183.jpg
コインラッパーもらってきた。

明日は日曜、やりきりましょう。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

5月26日 給料公開、5月も貯金できそうです。モンゴル発モントリオール経由とかイスラエル発オーストラリア経由とか。

May 26。

2回目の給料日。チェックをもらって、銀行の窓口にデポジットしに行く。たとえほんの少しでも英語を話す機会に恵まれるので、このシステムはなんだかありがたい。2週間で1000ドル弱、わるくはない。今月は何かと出費が重なるかもとか考えていたが、順調に貯金できそう。そういえば、以前書いた誰かに勝手に乱用されていた僕の銀行口座のお金、銀行から電話かかってこずにしっかり返金してくれていた。さすがTDバンク、ありがたやありがたや。

今日、職場の同僚であるSarahに「なんか今日は悲しそうな顔してるね」って言われた。まぁなんにも悲しくはないのだが、特別テンションが上がることもないし、未だに初日と同じような扱いを受けてしまう部分があるから、楽しい顔かと言われればそうではない。素になっていた場合、もちろんのタレ目ですからそれでかな。いや、うるさいな。ってか情けないな、未だに初心者扱いされるのは。悔しすぎる、もっと頑張らんと。

今の職場は非常に興味深いひとたち。マネージャーはイスラエル人。旦那さんとオーストラリアで出会ってここにいる。きっと普段話しているのはフランス語かなんか。旦那さんは見た目普通に欧米人やけど、第二言語的な英語の発音、どこやろ。それからディッシュウォッシャーのEldenはモンゴル出身のモントリオール育ちなのかな。朝青龍とか白鵬を知っているフランスの達人。んで前述のSarahは母親が中国人らしいけど見た目も完全なるカナダ人。大学に行くのがなんか億劫やったからここで働いてて、来年から専門学校的なんに行くらしい。とか、まあ色々。ほんまいろんなひとがいますなーとかっていう締めでどうでしょ。

IMG_8182_201705271124581c7.jpg
チェック!

明日は忙し土曜。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

5月25日 ローカルカフェでの仕事の毎日、三者三様の指導方法、一体誰を信じればいいのだい。

May 25。

職場に日本人の女の子が入ってきた。沖縄出身ってこととオーストラリアにいたってことだけ、周りから聞いた。マネージャーのShosh曰く、可愛いから雇ったらしい。そんな基準なんですね、たしかに今までたっくさんジョブインタビューに来ていたけど、なかなか次のひとりを採用しなかった。見た目なんですかね。じゃ、ぼくは大丈夫だったんですかね。謎。

職場の先輩に、SerinaとGiwonという、ふたりの韓国人の女の子がいる。ふたりとも1年近くここで働いているみたいで、マネージャーからも絶対の信頼を得ている。面白いのは、ふたりの僕への指導が真逆。サリナは「どや!」って感じで自分の能力を見せてくれて、それでなんか姉御的な、もっと言えばお母さん的な教え方をしてくれる。まだまだ僕はヒヨっ子なんだと、彼女とタッグを組んだ時には思い知らされる。

一方のジーワンは、結構野放し。「考えるな、感じろ!」系。バリスタトレーニングの時も「サーモメーターなんか使わずに温度を覚えたらいい」とか、次の日のクロワッサンの準備をしている時も「もうヒロはおっけおっけ。」みたいな感じで、何回かチェックしてくれて後、もう僕ができているとわかったら任せてくれる。ひとそれぞれ。どっちのタイプもいるから、それはほんまに助かるってこと。ありがとう。

そして、どっちもの意見とはまた違う物言いで、めっちゃ厳しいのがマネージャー。板挟みでゴシゴシこすられてる感覚。いいですねー。

IMG_8170.jpg
でかすぎるMural Art。

あっちの意見を聞けば、こっちから怒られるっていうあるある。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

5月24日 カルガリーも天気は荒れるらしい。1週間に1時間の日本語タイム。ニュージーランドを懐かしむ。

May 24。

今日は一歩も外に出なかった。カルガリーに来て、はじめての雨。それから一日中風も強くて結構荒れた天気。仕事休みでよかった。映画「Heist (Bus657)」を見た。予想外の展開で、めちゃくちゃ面白かった。ロバートデニーロかっこよし。やっぱ家族愛ってのは心動かされるなぁ。んで休みの日恒例の夕方の昼寝。やっぱり気持ちええのー。部屋の適温具合がやばい。

カフェの仕事以外がだいぶ怠けている。その時間に集中力とか全神経を持っていかれて、他の時間に何もする気にならない。とりあえず英語の勉強も兼ねて、NBA見たり、NBA関連のニュース見たり、BuzzFeed見たり、単語したり。1週間に1回「ワイドナショー」だけ見ているが、それ以外は英語に充てている。もっともっと上達したいな。いろんなこと全部。

ブログを見ていてわかったことは、あと30日くらいで海外1500日。それからちょうど1年前くらいにはニュージーランドでHELPXしていた。んで6月からファカパパのスキー場での仕事。Facebook編集のために写真を見返していたが、やっぱりあのニュージーランドの冬の生活は特別だった。永遠の合宿のような感じ。同僚と一緒に住むってのはやっぱり楽しかったな。強烈に。

IMG_8169.jpg
日常。

風で窓が破壊されそう寸前。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

5月23日 「日本で暮らすこと」と「海外にいること」の決定的な違い。

May 23。

今のところ海外生活で、ひとつの町に滞在している最長期間は6ヶ月。フィリピン留学、それからオーストラリアのパース、この前のバンクーバー、それからおそらく今回のカルガリー。移住者や移住目的のひとは別として、ワーホリビザで海外生活をしていて1年間同じ町にいるひとたちはすごい。僕にはできないこと。おそらく海外に来て、居住に関して考え方は180度変わった。

日本にいた時、大阪から出たことがない。社会人時代には月の半分以上が出張だったなどの事情があったとしても。一人暮らしをしてみたけれど、それも大阪。高校も大阪、大学も大阪、社会人も大阪。居心地が良かった。安心感という少しの惰性もある。それに正直ビビってた部分がかなりあるだろう。東京は今でもこわい。ひとも町も多すぎてデカすぎる、イメージ。

でもきっとこれは、母国と海外を自分の中でかなり区別されているからだろう。今でもきっと日本に帰ったら?大阪に住みたい。でも海外にいる今は?一都市に1年なんて身体も心も我慢ができない。次の町へ、次の景色へ、次の世界へ。何かに取り憑かれたように、旅を進めていく。「住んでいる、生活している」というより「次のために準備している」だけのような。不思議な感覚。

IMG_8143.jpg
綺麗な花を見つけました。

やはり隔日での腕立てに落ち着くトレーニング。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ